金沢国際交流ラウンジ

中文
English
Español

Top ラウンジとは 相談コーナー 日本語教室 子ども学習支援 生活情報
ラウンジニュース
国際交流
情報広報 カレンダー イベント ラウンジ地図 登録団体 リンク サイトマップ

 日本語教室(にほんごきょうしつ)のご案内(あんない)

    日本語を勉強(べんきょう)したい外国人(がいこくじん)のみなさんへ
    にほんご教室の案内ちらしは、ここをクリックするとご覧になれます

日本語でたのしく生活(せいかつ)できるように、日本語の勉強をしませんか。
日本語教師(きょうし)ボランティアが、日本語がわからなくてこまっている(ひと)、もっと日本語を勉強したい人に教えています。
どうぞ日本語教室にきてください。
                           

「日本語でしゃべろう会」の様子。
毎月1回、各曜日ごとに習った日本語を試す場として開催しています。
   

    日本語教師ボランティアの紹介(しょうかい)       

先生(せんせい)は、次の条件を満たしている人が日本語教師ボランティアとして教えています。

◆ 日本語教師養成講座等により20時間以上の講座履修をした人、またはそれ相当の知識と経験を有すると 認められる人。


 日本語教師ボランティアを希望される人

上記の資格条件を満たした方が、本会の定める「日本語部会登録申請書」を提出の上、日本語部役員と面談を行い、入会を認められること」が必要です。

※日本語部会登録申請書は、ラウンジ窓口(045−786−0531)にコンタクトしてください。

        


    レベル分けと学習教材
   テキストブック
初級(しょきゅう)レベル みんなの日本語初級(にほんごしょきゅう)T、U
中級(ちゅうきゅう)レベル 学習者のニーズに(おう)じています
上級(じょうきゅう)レベル 学習者のニーズに(おう)じています


    学習する場所   
学習する場所 時間 学習する曜日 月会費
日曜教室 横浜市大(よこはましだい)シーガルセンター2(かい) 10:00-11:30 第1、第2、第3、第4日曜日 1000円
火曜教室 横浜市大シーガルセンター2階 10:00-11:30 第1、第2、第3、第4火曜日 1000円
木曜教室 横浜市大シーガルセンター2階 10:00-11:30 第1、第2、第3、第4木曜日 1000円
土曜教室 横浜市大シーガルセンター2階 10:00-11:30 第1、第2、第3、第4土曜日 1000円
      ※複数の曜日を受講することができます。


日本語教室のようす

基本的には1対1の個人指導が原則ですが、レベル別グループレッスン(2〜3人)も行っています。
ほとんど話せない、書けない人から、新聞も読めるレベルの方まで幅広く対応しています。
日本語教室のイベント
「日本語でしゃべろう会」
学習者が日本語で自分(じぶん)(くに)文化(ぶんか)などを紹介(しょうかい)して異文化(いぶんか)交流(こうりゅう)のよい機会(きかい)になっています。
各教室ごとにだいたい第4週に行っています。        

 2019 「日本語スピーチ発表会(はっぴょうかい)

 
  2019年の日本語スピーチ発表会の様子
  (3月2日、3月3日、3月5日、3月7日)市大交流室
日本語スピーチ発表会が、今年も3月2日(土)、3日(火)、5日(火)、7日(木)の4日間にわたり行われました。発表者は2日12名、3日16名、5日13名、7日10名の合計51名でした。司会と進行も発表者が行い和やかな雰囲気の中で、自国の習慣や風景あるいは趣味、自己紹介といろいろな興味深い話を聞くことが出来ました。
発表者は習っている日本語を使っての発表ですので、文章を作るのに苦労をしたと思いますが皆さんの一生懸命の発表に聞く人も熱心に聞いていました。最後はお茶やお菓子を食べながらの楽しい会になりました。
土曜教室  

学習者12名の発表はベトナム、ブラジル、中国が各3名ずつでタイ、アメリカ、フィリピンが各1名でした。
発表者の日本語の上達ぶりには感心しましたし、内容も発表者の個性に応じたものでとても興味深かったです。
日曜教室  

医療用語も交えた医学的な話や娘の出産に立ち会った話、またはテトというベトナムのお正月の話など、日本語の表現も豊かに発表していました。
習い始めの人の話も温かい目で応援していました。
               
                
火曜教室  

13名の発表者がご自分の故郷の状況や習慣、あるいは国を超えた音楽の素晴らしさとか母国の料理の紹介さらには、新学習者による自己紹介など日頃勉強をしている日本語を使って一生懸命スピーチをされていました。
木曜教室  

母が息子の受験勉強を一緒に勉強した話とか中国の文化やお正月の話は異文化を知る機会となりました。写真を見せながら息子の誕生日を盛大に祝うブラジルの人の話も皆さん明るく日本語で表現をしていました。
  ※次のスピーチ発表会は2020年3月の予定です。
 2013年の日本語スピーチ発表会の様子
火曜教室  

参加者は発表者13名、ボランティア13名、見学者5名、合計31名でした。
学習者が司会を担当し、 ユーモアのある司会は緊張 した雰囲気を和らげ、会を 盛り上げてくれました。
発表者の国は、8か国で、 3名のロシアの発表者から は3都市の話が聞け、中国の春節の話、吹き矢の実演を交えた発表などいろいろな話題が数多く出されました。
また、今回の発表では、「有機野菜」について調べたことに自分の意見を加えて話したり、自分が感動した本の感想を述べるなど、レベルの高い発表があったことが特徴的でした。
交流会のテーブルに並んだ手作りのご馳走とみんなの笑顔と歓談で密度の濃い会になりました。
木曜教室  

当初予定していた発表者は13名でしたが、インフルエンザなどで3名がお休みなり、発表者10名、ボランティア14名、見学者7名となり、まずまずの盛況でした。
学習者の発表は日本語が上手というだけでなく、内容的にもとても素晴らしく、「なるほどなぁ」、「へえぇ」と感心することしきりでした。
写真や絵葉書を利用したり、なかには、i-padを活用しての発表もありました。
故郷の紹介、趣味や日本での生活、子育てなど、それぞれ興味を引かれるスピーチでした。
後半の交流会では、スピーチ発表での緊張もとれて和気あいあいと幾つもの話の輪が広がり、楽しい時間を一同で共有できました。
土曜教室  

発表者は子ども7名、成人学習者5名、見学者10名でした。
今年は悪天候のため2週続きのクラス閉鎖、練習なしという厳しい状態でしたが、家族のみなさん方にご協力いただき当日の発表となりました。
大変に緊張しながらも、子どもたちは頑張って発表してくれました。
中でも、中学三年女子生徒の高校合格というビッグニュ−スは皆さんに喜びと感動を与えてくれました。
成人の学習者の発表は聞く人に共感と興味を呼ぶ話題で、日ごろの学習の成果が発揮された発表で素晴らしかったと思いました。
日曜教室  

発表者は成人5名。自国の祭りの紹介やペットの話、また日本での思い出を語り、夢に向かって進み日本との架け橋になれたら等、日本語を 良く理解した表現や内容で、勉強の成果が感じられる素晴らしいものでした。
かもめ教室の子どもの発表者は7名。兄妹での古文暗唱と音読、優しさが伝わる自作の詩や楽しいなぞなぞ、中学生は和歌を取り上げて見事な解釈をし自分の思いを述べたりと、それぞれの成長が感じ取れる発表でした。
学習者の司会で終始和やかに進行し、最後はお茶やお菓子を食べながらの楽しい会となりました。
日本語研修
現在、日本語教師ボランティアのための研修会を毎年おこなっています。
日本語教育をとりまく環境の課題や日本語文法・教授法などの理論について学ぶとともに、実際の教室現場で役に立つ実習など幅広いテーマについて勉強し教える力のリフレッシュとブラシアップに努めています。




© 2007 Kanazawa International Lounge